近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来

近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来

新着・連載情報を見る新着・連載情報を見る

治療の真実を知ろう!

近藤誠
重要医療レポート 番外編

EXTRA 001

新型コロナとワクチン本の
出版が遅延した理由

『新型コロナとワクチンのいちばん大事な話』は当初、2月2日に全国書店で販売開始の予定でした。

ところが1月28日に突如、刊行中止となりました。予約されていたかたには取り消しの連絡が届き、当惑されたと聞いております。お詫びをかねて、経緯を記す次第です。

刊行中止は、本がほぼ刷り上がった段階で、日本文芸社の社長が突然、言い出したものです。社内は「どうして?」「前代未聞」と混乱し、反対した役員・社員もいたようですが、社長権限には太刀打ちできず。

僕は翌日、社長とお会いして、刊行中止の理由を問いました。

「なぜですか?」、「弊社から出版するのは適当でないと思いました」。「その理由は?」、「……」。「医薬品業界からの圧力ですか?」、「それはまったくないです。まったくない」。「ではどうしてですか?」、「……」。「中身は読まれたのですね?」、「ハイ」、「それだと憲法が禁じる『検閲』行為になりますね」、「表現の自由を守るべき出版社の社長が、検閲を率先実行するとは嘆かわしい」。

ともかくも出版契約は解除され、そのあと新たな版元(ビジネス社)を見つけて、『こわいほどよくわかる新型コロナとワクチンのひみつ』の書名で、無事出版の運びとなったわけです。

刊行の遅延には好都合な面もありました。ワクチンの副作用(死)に関する最新情報を盛りこむことができたからです。

それ以外の本文は(月日が経過しても色あせないよう工夫してあるので)手を加えずにおきました。

この問題は「医療やワクチンを取りまく闇」を垣間みせてくれたのだと思います。

つまり本書は、専門家たちが世界に発信しているデータ(科学的エビデンス)を、ひとつひとつ慎重に積み重ねて真実をあぶりだしているので、どこにも欠陥がないと自負しています。

ところが、その本書で前代未聞の出版中止事件がおきるほど、新型コロナとワクチンをめぐる「言ってはいけないこと」の闇が大きく深く、忖度がはびこっていることが白日のもとに晒されたのだと思います。

それは、医療・製薬ワールドが関係する他の事柄全般に言えることです。

だからこそ一般の方がたは、ご自身の知性と理性で健康や命を守ることが大事である、と改めて知っていただきたいと思います。

なお本HPには、以下のようなレポートもありますので、参考にしてください。
レポートの目次:①~⑪はコロナ以外の事項についてのレポート
レポート⑫:新型コロナ治療薬は信用できるか
レポート⑬:ワクチン副作用(死)の判断方法
レポート⑭:インフルエンザも「ただの風邪」
レポート⑮:新型コロナワクチンの副作用
レポート⑯:ワクチンによる副作用死を隠ぺいした実例
レポート⑰:ワクチン後に死亡した6人の本当の死因

近藤誠

新着情報

連載

トップへ戻る