近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来

近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来

新着・連載情報を見る新着・連載情報を見る

『患者よ、がんと闘うな』『がん放置療法のすすめ』
ミリオンセラー『医者に殺されない47の心得』……。
私は慶應大学病院時代から40年以上、
「どうしたら目の前の患者さんが、ラクに安全に
長生きできるか」を考え抜いてきました。
がん、生活習慣病、クスリについての、
近藤誠へのご相談はこちら

04/09
発売予定

がん放置療法

07/14
発売予定

治療死

10/05
発売予定

がん診断トーク

セカンドオピニオン外来を
希望されるかたへ

ビラモデルナ外観

 東京・青山「国連大学」裏手の当所で、近藤誠本人がうけたまわります。

 診療情報や患部の写真、画像データ、紹介状などがお手元にあるかたは、なんでもお持ちください。データは当所のパソコンで、まれに開けないことがあります。

 診療情報がなくても相談をお受けしますが、あった方がより具体的にお話でき、相談後の満足度も高くなるはずです。

 診療情報を新たに得る場合は、今かかっている病院に「セカンドオピニオンを受けたいので、最新の診療情報と画像データをください」とご請求ください。もめたら「患者の権利として、診療情報を得たい」と、堂々とおっしゃってください。

 診療時間、セカンドオピニオン料金など、詳しくは「予約の流れ」をご覧ください。

 自由診療なので、ご家族のみや、友人・知人などからのご相談もお受けできます。充実したセカンドオピニオンになるよう、ご質問をたくさん用意して、いらしてください。なお、直メール、電話、FAXでの治療のご相談は、お受けしておりません。

 事前に「近藤誠のメッセージ」、YouTubeのチャンネル、「近藤誠の重要医療レポート」、『がん放置療法のすすめ』(文春新書)、『がんの逆襲』(エクスナレッジ)などで基本方針をご確認ください。

※あとで相談内容を聴き返せるよう、録音機をお持ちになるか、スマホの録音機能をご利用ください。なお、録画はご遠慮ください。

お申し込み手順

近藤誠のメッセージ

きょうも「すぐに治療しないと大変なことになる」「手術や抗がん剤治療をしないと余命〜か月」と病院で宣告されたがん患者さんが、何人も駆けこんでみえました。
詳しくはこちらから。

がん免疫療法の真実

がん患者が期待する「免疫療法」のなかでは、ノーベル賞に輝いた「オプジーボ」および同種のクスリが高く評価され、盛んに使われています。しかし近時の臨床研究で、その評価は地に落ちました。
詳しくはこちらから。

新着情報

連載

トップへ戻る