近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来

近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来

日めくり近藤誠

> HOME > 経歴

新着・連載情報を見る新着・連載情報を見る

自己紹介をかねて、これまで行ってきたことを年代順に述べます。

経歴

1948年
東京で生まれる
1961年
慶応中等部に入学。以後、慶応高校を経て、医学部入学
1973年
慶応大学医学部卒業。医師国家試験合格。研修医となる(放射線科)試験を受け、米国の医師資格取得
1976年
慶応大学医学部放射線科の助手に採用される
この後、ほぼすべてのがん種を対象とし、がんの放射線治療に従事する
1979年
米国ロスアラモスのパイ中間子施設で医師として働く
パイ中間子は粒子線治療の一種だが、治療効果に見切りをつける
1980年
帰国。再び通常の装置を用いた放射線治療に従事
1983年
講師に昇進
この年、乳がんにかかった実姉を乳房温存療法で治療。当時、日本では全く行われていなかった乳房温存療法を普及させようと決意
前後して悪性リンパ腫の抗がん剤治療に取り組み、日本人患者の生存成績を大幅に改善した
1988年
「乳ガンは切らずに治る 治癒率は同じなのに、勝手に乳房を切り取るのは、外科医の犯罪行為ではないか」という論文を月刊『文藝春秋』誌に寄稿
乳房温存療法が日本での標準療法になるきっかけとなった
1989年
乳房温存療法を受けた私の患者たちを中心として医療市民団体「イデアフォー」が設立された。その活動が、乳房温存療法の普及を後押しした
1990年
『乳ガン治療・あなたの選択』出版
この頃から、無治療を望むがん患者への「がん放置療法」を実践。最長23年以上、150人以上のがん放置患者を診る
1992年
「がん検診・百害あって一利なし」という論文を「文藝春秋」誌に寄稿
1994年
『患者と語るガンの再発・転移』出版
1995年
「文藝春秋」誌に10回にわたり、がんについて連載
読者投票で1位となり、その年の「文藝春秋読者賞」を受賞
医療事故の鑑定書作成を目的とする「医療事故調査会」を共同して設立し、世話人になる。私自身、医療事故の鑑定意見書を60件以上作成してきた(注)
1996年
『患者よ、がんと闘うな』を出版
専門家らとの論争が生じ、社会現象化したと評価された
1997年
『「がんと闘うな」論争集』出版
2000年
『医原病』出版
『よくない治療ダメな医者』出版
2002年
『成人病の真実』出版
2004年
『がん治療総決算』出版
2011年
『抗がん剤は効かない』出版。胃がん、肺がん等の固形がんに対し、抗がん剤治療は、治癒効果はもちろん延命効果もないことを明らかにした
同年『医療被ばく CT検査でがんになる』出版
2012年
『がん放置療法のすすめ』出版
『どうせ死ぬなら「がん」がいい』(中村仁一氏との対談)出版
第60回菊池寛賞受賞。乳房温存療法のパイオニアとして、抗がん剤の毒性等について啓蒙を続けてきたことが受賞理由
『医者に殺されない47の心得』出版
2014年
慶應義塾大学医学部定年退職
「近藤誠セカンドオピニオン外来」相談2000件に達する
『これでもがん治療を続けますか』出版
『野垂れ死にの覚悟』(曽野綾子氏との対談)出版
『近藤先生、「がんは放置」で本当にいいんですか?』出版
TBS金スマSP「2人の異端の医師に迫る・近藤誠、上原淳が登場」10月3日 放送
『がんより怖いがん治療』出版
『ビッグコミック』2014年22号より連載の漫画作品『医者を見たら死神と思え』(原作:よこみぞ邦彦、作画:はしもとみつお)で監修を務める(~17年6号)
2016年
『がん患者よ、近藤誠を疑え』出版
WEBサイト『幻冬舎plus』で、連載『がんと診断されても信じるな』(~17年3月)
『しあわせに死ぬために~56の言葉~』出版
医療コミック『医者を見たら死神と思え④⑤』(原作:よこみぞ邦彦、作画:はしもとみつお、監修:近藤誠)出版
「近藤誠セカンドオピニオン外来」相談6000件に達する
『がんは治療か、放置か 究極対決』出版
公式WEBサイトをリニューアル
『世界一ラクな「がん治療」』出版
『近藤誠 僕はあなたを「がん治療」で死なせるわけにはいかない!』出版
2017年
『健康診断は受けてはいけない』出版
近藤誠がん研究所主催講演会①
『世界一ラクな「がん治療」近藤誠・萬田緑平講演会』を、市民会館おおみやで開催
医療コミック『医者を見たら死神と思え⑥⑦』(原作:よこみぞ邦彦、作画:はしもとみつお、監修:近藤誠)出版
『がん患者自立学』出版
「近藤誠セカンドオピニオン外来」相談7000件に達する
近藤誠がん研究所主催講演会②
『近藤誠「医者に殺されない47の心得」110万部突破記念講演会』を、渋谷「さくらホール」で開催
『がんを忘れたら、「余命」が延びました!』出版
現在に至る

注:私が鑑定書を提出し、事件事実や判決内容が公刊されているものとして以下の3件がある

・陥没乳頭に対し乳頭形成手術を行い、乳頭を壊死させた事例(福岡地裁。医療過誤判例百選、第80事件)

・胆嚢がんを発見した医師が告知しないので、本人が楽観して手遅れになったとして訴えた事例(名古屋地裁。最判平成7年4月25日。医療過誤判例百選、第9事件)

・乳がんで乳房切除術をうけた患者が、乳房温存療法が妥当だったと訴えた事例(大阪地裁。最判平成13・11・27。平成13年度重要判例解説90頁)

新着情報

連載

トップへ戻る