近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来

近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来

新着・連載情報を見る新着・連載情報を見る

治療の真実を知ろう!

近藤誠
重要医療レポート

REPORT 005

乳がん検診は必要か

日本での乳がん発見数は、2003年が4万5000人で、13年には8万5000人。

今年(17年)は10万人を超えているでしょう。

これは乳がん検診の影響です。

「マンモグラフィ」(乳房エックス線撮影。以下、マンモ検診)をうける女性が年々ふえ、発見数が右肩あがりになっているのです。

小林麻央さんや北斗晶さんなど有名人が乳がん発症という報道も、そのたびに受診者をふやします。

でも、こんなにマンモ検診に熱心なのは日本だけです。

マンモ検診の先進国である欧米では、いまやマンモ検診の効果は否定されています。

乳がん死亡を減らせないことが、比較試験で明らかになったからです。

実際のデータを示しましょう。

カナダで、40〜59歳の健康な8万9000人を「マンモ検診」グループと、検診をしない「無検診・放置」グループとに分けた「比較試験」が実施されました。

試験期間(5年)に発見された乳がんの数はというと、

【乳がん発見数】

無検診・放置 524人
マンモ検診 666人

と、マンモ検診をしたグループで27%増えました。

もし「がんの早期発見・早期治療」で命を救えるなら、この発見数が増加した分は「早期発見」なので、乳がんによる死亡は減るはずです。

ところが25年間にわたって追跡し、生死を調べてみると、

【乳がん死亡数】

非検診・放置 171人
マンモ検診 180人

と、マンモ検診を受けた人たちのほうが、死亡数が増えていました。(BMJ 2014;348:g366)(https://www.bmj.com/content/bmj/348/bmj.g366.full.pdf)。

マンモ検診群の方が、乳がん死が多い。手術や抗がん剤で命を縮めた可能性があります。

ともかく学問の世界では、マンモ検診の意義は否定されました。

行政の世界でも、欧米では「マンモ検診無効」が語られるようになり、スイスでは、国の医療政策を決める「医療委員会」が「マンモ検診の廃止」を勧告しました(N Engl J Med 2014;370:1965) (https://www.nejm.org/doi/pdf/10.1056/NEJMp1401875)。

「マンモ検診無効」は、言いかえると、検診でみつけた乳がんを治療する必要がないことになります。

日本では医師たちや厚労省が、このような試験結果や世界の潮流を無視して、マンモ検診をさらに推進しようとしています。

がん検診がビジネスだから。

マンモ検診をうける女性たちは、痛い思いをして放射線を被ばくします。

そして異常を指摘されると、太い針を刺されて組織を取られ、乳がんとわかると乳房の全部ないし一部を切り取られ、毒薬や劇薬である抗がん剤やホルモン剤を投与されます。

比較試験の結果を見ると、それらはすべてムダ、ということになります。

実際にも、無用のマンモで心身が傷つき、乳房を失い、抗がん剤治療までうけさせられる悲劇が、毎年何万人にも生じています。

他にがん検診が行われている胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、子宮がんなども、性質が乳がんとほぼ同じなので「検診はどれも無効」という考え方が、世界の主流になっています。

各がん検診については、いずれ本レポートで順次取り上げようと思いますが、当面は拙著『健康診断は受けてはいけない』(文春新書)を参考にしてください。

近藤誠

新着情報

連載

トップへ戻る